Implant インプラント

インプラント治療の特徴

  • インプラント治療とはこれまでブリッジまたは入れ歯でしか対応の出来なかった歯を失った部分に、人工歯根を入れて天然歯の根の部分の代わりをさせ、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
  • 和田歯科医院 インプラント治療では入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになります。
  • 和田歯科医院 インプラント治療 では入れ歯のように取り外す必要がなくなり、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しく出来るようになります。
  • インプラント治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法です。

このような方におすすめ

  • 奥の歯が抜けたためブリッジができない
  • ブリッジにするため健康な歯を削りたくない
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
  • 入れ歯に抵抗がある
  • 事故などの外傷で歯を喪失した

※状況によってはインプラント治療が出来ない場合もあります。まずはご相談下さい。

インプラントと従来の治療法との違い

前歯部1本欠損の場合 臼歯部から歯が欠損してる場合 完全に歯が無い場合
従来の治療

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

部分入歯で治療。健康な隣の歯に維持の為の鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

歯の土台がないため総入歯になります。うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。
インプラント
治療

欠損部にインプラントを埋入し、人口の歯を単独で装着。

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。

インプラントを土台にして入歯を固定して、しっかりとした義歯にすることが出来ます。また、顎の状態次第ではインプラントによって一本づつの歯を自然な状態で再建することも可能です。

Dentures 義歯・入れ歯

寝たきりになる前に「噛める入れ歯」をつくることが大事!

今は、訪問歯科診療だ、在宅診療だといわれますが、患者さんが寝たきりなどになる前に、きちんとした入れ歯をつくっておくことが大事なのです。寝たきりの患者さんに往診に行っても、在宅の布団の上でいい印象やバイトはとれません。
十分なことができないため、ほとんどの歯科医は、やむを得ず適当な処置をして終わらせています。

ですから、患者さんは歯科医に満足していません。とくに在宅診療の場合、介護の人たちの一部が「もう歯科の在宅はいいです。こないでください。」といっているくらいです。なぜならきてもらっても、噛めない入れ歯では食べ物も食べられないのですから・・・。
「転ばぬ先の杖」で、寝たきりになる前に、きっちり入れ歯をつくっておけば、倒れてからも口から栄養をとることができ、元気になることができます。

リーゲル・テレスコープ義歯(可撤式)

リーゲル(Riegel)とはドイツ語でかんぬきのことであり、リーゲルテレスコープ義歯とは、義歯(入れ歯)が食事の時はずれない様にかんぬき(鍵)を使用した部分入れ歯です。入れ歯の中に小さな鍵がかかるようになっていて、鍵をしめると舌で触ってもわからないようになっているので、ほとんど違和感がありません。

この鍵をひらくと(手で簡単に開けることができます)、簡単に入れ歯を取り外す事ができます。バネは見えず、審美的にも優れ、笑った時見えるのは、白い歯だけという状態になります。

コーヌステレスコープ義歯に比べて、取りはずす時、歯に対して、力が加わらないため、神経のない弱い歯に対しても、適応できます。普段は入れ歯であることを忘れてしまうぐらい付け心地がよく、寝る時は歯磨きをして、入れ歯を洗って装着したまま、お休みになれます。
病気になり、手術をする必要がある時にも、はずす必要がなく使用できます。

Orthodontics 矯正歯科

矯正治療とは

矯正治療とは、受け口、八重歯、乱杭歯(歯の凸凹)、すきっ歯、出っ歯のような、わるい歯並び・かみ合わせをきれいに揃えて、上の歯と下の歯のかみ合わせを良くすることで、口もとの形を整えるのと同時に、食べ物を良くかめるようにする事を目的としています。

きれいな歯並びに直すことは、健康の増進、口元を美しくするばかりではなく、さらには心理での発達をもたらすために必要なことなのです。発音を明瞭にさせるとともに、むし歯や歯周病を防止し、健康を一段と増進させようとするものです。

実際の治療は以下のように行われます。

  1. 矯正相談 歯並びに関して気になっているところ、悩んでいること、ご希望、ご質問などお気軽にお話ください。患者さんに応じた矯正の必要性、適切な治療時期、方法などについてアドバイスいたします。
    矯正のご相談に関しては、少しでも気になりましたらお早めに御来院ください。
  2. 検査・診断 各個人のお口の中を把握し、適切なプランニングをするために、レントゲン撮影、歯列模型などを採ります。
  3. 診断 レントゲンや歯型から得られたデータを分析し、診断します。この診断をもとに、これからの治療方針、治療期間、治療費のお支払い方法などについてお話します。
  4. 矯正治療の開始(おおむね月1回の来院) 診断による計画された方針に基づき、矯正装置を装着していきます。通院は通常月1回となります。装置を付けた直後は、多少の痛みはあるとは思いますが、すぐに慣れてきます。また歯磨きの指導を装置を付けた状態で受けます。
  5. 保定開始 矯正治療終了後、歯を安定させるための装置(保定装置:リテーナー)のチェックのため、数ヶ月に1度御来院ください。歯の全体的なチェックを行い、歯のクリーニングを行います。
住所
アクセス
秩父鉄道行田市駅 南口 徒歩10分
駐車場
13台分の駐車スペースをご用意しております。
(医院敷地内、医院近隣2か所ございます)
診療受付時間
09:00~12:30
14:30~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日

©.All Rights Reserved.